葬式について

争議の流れは地域によって異なる

一般的な物式の葬式に参列する場合、地域や葬儀の規模によっては、関係者別に受付が分かれていることも少なくありません。
自分の関係している受付を見つけて並びましょう。
自分の番が着たら袱紗に包んである香典を出し、名前を書く事が一般的です。
袱紗は一枚持っていると重宝しますので、必ず手に入れておいてください。
香典を渡す時には片手ではなく、両手で渡す事が一般的ですが、この時に受付の人にお悔やみの言葉を伝える事が定番とされている為、必ず伝えましょう。
無言で渡して無言で書くことは礼儀に反する為、避けてください。
受付が終了したらご焼香の列に並び、ご焼香を済ませましょう。
済ませてから香典返しを受け取る事が少なくない為、受け取らずに帰ってはいけません。
必ず帰る前に受け取ってから帰りましょう。
なお、地域によっては香典を渡した時に香典返しを渡す地域も少なくありません。
地域ごとに多少葬儀の形が異なるため、事前に地域の人に確認すると安心できます。

Copyright(c) 葬式 All Rights Reserved.